「 投稿者アーカイブ:k.chikako 」 一覧

天女の絵

仏画各種

「飛天鳳凰画」聖獣8

飛天と龍を描いたので、飛天と鳳凰も描いてみました(笑) やっぱり龍より鳳凰の方が描いてて飽きない。面白いw   飛天を描く 鳳凰を描く 聖獣画8「飛天鳳凰」 飛天龍画・点描画 当校では飛天龍 ...

聖獣画6「鳳凰龍画」

仏画各種

「龍鳳図」聖獣6

中国で伝統的な龍と鳳凰を合わせた龍鳳図。 鳳凰を描く 皇帝のシンボルである龍(男性性・皇帝・陽)と組み合わさると鳳凰は女性性・皇后の象徴となり、明朝以降の袍に刺繍されているのが目立ちます。現代でも伝統 ...

聖獣画5「鳳凰画2」

仏画各種

「火焔鳳凰」聖獣5

北斎の「八方睨み鳳凰図」のように、 「どこが頭で、どこが顔かよくわからない(←そこ?)鳳凰を描きたい!」 と思って描いた鳳凰。   この時、極彩色の羽根と火焔を描くことにハマってたのですが、 ...

聖獣画4「鳳凰画1」

仏画各種

「双鳳凰」聖獣4

向き合った対の鳳凰画です。   鳳凰を描く   龍の次に着手した鳳凰。これもどなたかのリクエストだったような…。 龍の鱗は「連続性」を出した方が綺麗なのですが、鳳凰は羽根にどんな色 ...

飛天と龍神

仏画各種

「飛天龍画」聖獣7

敦煌・莫高窟で仏画師を目指そうと決めたわたしとしては1度は描きたかった飛天。と龍。 飛天は散華荘厳し、仏の顕現に先立つ空間作りをしています。龍と仲良さそうですけど同じ部署(天部)なので仲良しなんでしょ ...

仏画と色とシンボル

鳳凰を描く

永遠に生きる不滅の鳥(不死鳥)は古今東西各地の伝説・伝承・神話に登場します。 鳳凰、朱雀、フェニックス、ガルーダなど名前は多くありますが、基本的に「火の属性」を持っていること、「火」の破壊と再生の質( ...

馬頭観音仏画&点描仏画

仏画各種

馬頭観音/点描仏画C11

「馬頭」の名の通り馬の首を冠し、馬のみならず畜生の救済を行う観音変化菩薩。 六観音(聖観音・十一面観音・千手観音・如意輪観音・馬頭観音・准テイ観音)の1つですが、柔和相ではなく忿怒相で造作されることが ...

チャクラとチベット仏教

仏画と色とシンボル

チャクラとチベット仏教・五智如来

チベット仏教にもチャクラ思想はあります。 チベットは隣国である2つの大国~インドと中国の影響を多大に受けつつ、独自のチベット仏教、チベット医学を発展させてきました。ざっくりいえば、 人体は3つの体液「 ...

飛天・天女の絵

仏画と色とシンボル

飛天を描く

飛天といえば敦煌。敦煌といえば飛天。 敦煌莫高窟では主尊の荘厳を際立て壁から天井まで縦横無尽に飛び交う飛天が印象深く、以来わたしは飛天好き(笑) 飛天のルーツは、インドではインドラに仕えるガンダルヴァ ...

飛翔する龍の点描・彩色画

仏画各種

「龍画3」聖獣3

点描で描く龍の絵「龍画3」です。飛翔する龍。 わたしとしては「水龍」のつもりでしたが、雲海から飛翔してる風に描く方が多いような(笑)←どっちでもいいです☆ 龍画の中で1番人気です。   龍を ...

Copyright© 点描仏画と仏画と色 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.