k.chikako

仏画各種

観音菩薩(クァンイン)/点描仏画C5

観音菩薩(観自在菩薩)。チベット語だとチェンレースィ、中国語だとクァンイン。ヒーリング世界では、オーラソーマにラオツー&クァインイン(老子と観音)ボトルがあったり、オラクルカードにもクァンインカードがあったり…なぜか中国語読みが流通してますね。(ちなみにサンスクリットだとアヴァローキテーシュバラ)「慈悲の菩薩」という側面からか、各国・地域での民間信仰が非常に強く、二世紀の「法華経」からすでに、人々の暮らしの中に変化して登場する観音菩薩が登場しています。八世紀以降は十一面観音、千手観音、三十三観音など状況や功徳に応じた観音が多く生み出されています。
仏画と色とシンボル

仏教五大と色と形(方位)

仏教五大と色・色と形の象徴・密教五色・五智如来の色と方位 五大と色 仏教五大は地大「黄色」水大「白色」火大「赤色」風大「黒色」空大「青色」この五元素・五色で構成されています。
仏画各種

文殊菩薩(マンジュシュリ)/点描仏画C3

文殊菩薩は智慧の菩薩。 チベット語だとジァムヤン、サンスクリット語だとマンジュシュリ。日本の正式名は「文殊師利菩薩」。対になる虚空蔵菩薩が学問・記憶の菩薩だとすれば、文殊菩薩はもっと現実・具体的な「生きるための智慧」の菩薩です。
仏画各種

グリーンターラ(緑多羅菩薩)/点描仏画C4

グリーンターラ(緑多羅菩薩)はC2 ホワイトターラと並び、チベット仏教圏で人気が高い女神です。音菩薩が衆生の苦悩を思い流した涙、その右目からホワイトターラ、左目からグリーンターラが誕生しました。グリーンターラの造形 左手には蓮華、右手に与願印を結び、青蓮華の上に半跏趺坐(遊戯座)で坐し、緑色の身体で描かれます。対のホワイトターラが結跏趺坐で両足を上げているのに比べ、半跏趺坐のグリーンターラはすぐさま人々の元へ駆けつける「行動を起こす」女神です。
仏画各種

ホワイトターラ(白多羅菩薩)/点描仏画C2

ホワイトターラ(白多羅菩薩)はチベット仏教圏でとても人気が高い女神です。観音菩薩が衆生の苦悩を思い流した涙、その右目からホワイトターラ、左目からグリーンターラが誕生しました。ターラ(多羅)は「輪廻の海を渡るのを助ける女性」という意味。(サンスクリット語だと「星」「女性的な知恵」の意味も持ちます) チベット仏教文化圏ではホワイトターラを見ない日はないほどポピュラーな女神で、わたしはダラムサラ(チベット亡命政府)のナムギュル寺で出会ったホワイトターラに一目ぼれし、気づけば屋号になっております(^^;
ワークショップ案内

メタトロンキューブ点描画

メタトロンキューブを点描画で描く、神聖幾何学とヒーリングオーラスプレーのワークショップ開催募集です。下記より詳細ご確認ください。
ワークショップ案内

仏画を描く~ワークショップ

気軽に仏画と親しんで頂く「仏画ワークショップ」です。画材などはすべて当校がご用意しますので、手ぶらでお気軽にお越しください。 参加費&時間など 初参加~3回目までの方 3回目以降の方は「お好みの下絵」を選べます ...
点描画材

点描仏画画材(購入必須)

点描仏画画材(購入必須)ご参加当日までにご購入ください。黒い紙に発色するペンは限定されます。必ず「パステル」「メタリック」をご購入下さい。 その他・各種ペンは当校で使用して使いやすいものをご購入ください。他、画材についてはC1基礎講座でご説明します。
ワークショップ案内

点描仏画ワークショップ

点描仏画・点描曼荼羅・点描龍画WSのご案内です。ホワイトターラ、グリーンターラ、マンジュシュリ(文殊菩薩)、クァンイン(観音菩薩)、大日如来、孔雀明王、龍、飛天、鳳凰などを点描画で描いていただけます。
タイトルとURLをコピーしました