観音菩薩(クァンイン)仏画

仏画

観音菩薩(クァンイン)/点描仏画C5

更新日:

いわずもがなメジャーな観音菩薩(観自在菩薩)。

チベット語だとチェンレースィ、中国語だとクァンイン。オーラソーマでもラオツー&クァインイン(老子と観音)ボトルがあったり、オラクルカードでもクァンインだったり、ヒーリング世界ではなぜか中国語読みが流通してますね。
(ちなみにサンスクリットだとアヴァローキテーシュバラ)

観音菩薩(クァンイン)仏画

 

 

観音菩薩真言(マントラ)

 

チベット仏教圏を旅していると、朝から晩まで誰かが呟く観音真言~「オン・パ二・ぺメ(パドメー)・フン」(宝珠と蓮華に幸いあれ)が耳に入ってきます。

ダライ・ラマはこの観音菩薩の変化であると言われていますし、チベット人の観音信仰は非常に強烈。息をするかのようにマントラを唱えています。

この観音マントラをサンスクリット表記すると「六字」になり、六字観音はこの真言をシンボライズ・尊格化しています。

観音菩薩(六字観音)の造形

六字観音は二臂を持つ白い身体に、右手に数珠・左手に白い蓮、もう1つの両手では宝珠を持っています。
この観音菩薩の涙からホワイトターラ。グリーンターラが誕生したことから、脇侍としてホワイトターラ、グリーンターラが描かれることも多いです。

「慈悲の菩薩」という側面からか、各国・地域での民間信仰が非常に強く、二世紀の「法華経」からすでに、人々の暮らしの中に変化して登場する観音菩薩が登場しています。

八世紀以降は十一面観音、千手観音、三十三観音など状況や功徳に応じた観音が多く生み出されています。

>>龍頭観音(三十三観音)

C5 クァインイン(観音菩薩)

C5 クァインイン(観音菩薩)点描仏画

 

観音菩薩仏画

当校では観音菩薩の「彩色仏画」「点描仏画」を描いていただくことができます。

点描仏画では参加者必須のC1&C2 、

  • チャプター1「基礎講座」
  • チャプター2「ホワイトターラ」

を参加後にお選びいただけます。

点描仏画ワークショップ

マンジュシュリ曼荼羅

点描仏画常連の皆さまは「C5 観音菩薩(クァンイン)」を応用し曼荼羅風に描いていただくことも可能です。

観音菩薩(クァインイン)点描曼荼羅

上記は、観音菩薩を主尊に、ミニ五智仏(大日如来・白色/阿しゅく如来・青色/不空成就如来・緑色/阿弥陀如来・赤色/宝生如来・黄色)のうち四仏を東西南北に配置しています。

 

-仏画
-, , , ,

Copyright© 点描仏画と仏画と色 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.