「飛翔する龍」龍画3(聖獣画3)

龍画1が「閉じ込められてるみたいで閉塞感がある~」とクレームいただいたので(笑)、上昇・飛翔してる龍を目指しました。

 

聖獣画3 上昇している龍

 

上昇してる龍(ドラゴン

龍画3(聖獣画3)

 

龍の起源は恐竜(爬虫類系)か、サーペント(大型の蛇)だと言われています。

蛇行しつつ流れる川を「蛇」で象徴する文化は多く、「蛇と水」は切っても切り離せません。

また「知恵を持つ蛇」は、世界各地の伝説の中に登場します。ただし、叡智を預ける蛇もいれば、知恵を与えアダムとイブを失楽園させてしまうのも蛇ですから、西洋(キリスト教圏)の蛇やドラゴンは「悪魔」「悪者」のシンボルになることも多々あります。 龍画1続きはこちら

 

上昇はしているものの、「雲」から上昇しているのか?「水」から上昇しているのか?はあまり考えておりません。

描かれる皆さまがお好きに解釈して、色をつけていってくださると嬉しいです^^

 

雲海から上昇する龍

 

 


 

聖獣画を描く

 

当ホワイトターラでは、龍や鳳凰の点描画を描いていただけます。

 

※ 今までご参加の皆さまの点描作品は下記ギャラリーでご覧いただけます。

点描仏画ワークショップ

2016~2017ご参加の皆さまのギャラリー

  点描仏画の世界~点描仏画のご案内   2017 続きを読む…

点描仏画ワークショップ

2017~2019ご参加の皆さまのギャラリー

  点描仏画の世界~点描仏画のご案内   2019 続きを読む…

 


 

    Related Post

    「チベットタンカ風の龍」龍画2(聖獣画2)... 龍画1がウロボロス風(西洋風)になったので、ザ・仏画にしようと描いた龍画2です。   聖獣画2 チベットタンカ風な龍             View this post on Instagram       ...
    「火焔鳳凰」鳳凰2(聖獣画5) なぜか「赤!!赤が使いたい!!」と赤を渇望して描いた絵です。 この鳳凰を選ぶ皆さまも「赤!赤を!!」とおっしゃいますね(笑) 破壊・再生・復活の存続性を求めている時に惹かれるのかもしれませんw 【鳳凰画 contents】 鳳凰画2 火焔鳳凰 焔と太陽と不死鳥 鳳凰や孔雀など、羽...
    点描仏画 文殊菩薩(マンジュシュリー) C3... 日本の獅子に乗る文殊菩薩ではなく、蓮台に乗るアラパチャナ文殊(チベットタンカ)です。   マンジュシュリー点描仏画 C3   煩悩や歪んだ認識をも断ち切るため「炎に包まれた剣」を右手に持ち、左手には蓮華に乗った「智慧」のシンボル般若心経を持つ姿で描かれます。(アラ...
    ホワイトターラ点描曼荼羅 ホワイトターラC2履修生対象です。ホワイトターラをセンターにして五智如来を上に散らしています。   ホワイトターラ曼荼羅   マンダラはサンスクリット語で「本質を有するもの」「完成されたもの」の意味を持ちます。 仏教世界だけではなく、宇宙の真理そのものを...
    「円環・ウロボロス風の龍」龍画1(聖獣画1)... 生徒さん方から、「龍、流行ってますよ!ウケますよ!」と言われて描いてみた龍の絵・第1号です(笑) 【龍画 contents】 聖獣画1「ウロボロスな龍」 東洋の龍 西洋の竜 聖獣画を描きたい方           View this po...
    弁財天点描仏画 C7 弁財天の点描仏画です。 リクエストしてくださった方の由縁で白龍に乗ってます。 https://whitetara.work/sarasvati/     弁財天点描仏画 C7   仏教はヒンドゥーの神々を「天部」に取り込んでいます。 (弁財「天」とか...
    龍頭観音点描仏画 C6 ver2  最初に下絵を起こした龍頭観音は「立像」でした。 150×150サイズに立像を描くのは厳しかったので、ver2として250×250バージョンに変更。 C6ver2 龍頭観音立像(250×250)   龍頭観音点描仏画 C6 ver2   法華経でもさまざまな姿...