文殊菩薩(マンジュシュリ)
孔雀明王点描曼荼羅
ホワイトターラ仏画
飛天と鳳凰点描仏画
仏画教室東京
金剛界曼荼羅点描画
previous arrow
next arrow
Slider

仏画の色と意味性~仏画ギャラリー

文殊菩薩(マンジュシュリ―)

更新日:

文殊菩薩は多様な造形を持つ菩薩ですが、チベットで人気のある「剣をかざす文殊菩薩」にしました。

 

文殊菩薩(マンジュシュリ)

般若の智慧を表す文殊菩薩

文殊菩薩(マンジュシュリ―)とは

 

観音菩薩が「慈悲」であれば、文殊は「智慧」の菩薩。

>> 観音菩薩(クァンイン)

虚空蔵菩薩の叡智とは質の異なる、問題解決や問題の対処・処理などの実際的な智慧(問題の本質を見抜く智)を表し、「現実の本質」を見抜く智慧・帰依者の導きなど般若の智慧の菩薩として観音菩薩と並びチベットで人気が高い菩薩です。

煩悩や歪んだ認識をも断ち切るため「炎に包まれた剣」を右手に持ち、左手には蓮華に乗った「智慧」のシンボル般若心経を持つ姿で描かれます。(アラパチャナ文殊)

身体は赤~黄色で描かれることが多いですが、わたしは黄色の色彩象徴「知恵」「知識」との関連から黄色で描くことが多いです。

 

日本では「三人寄れば文殊の知恵」のことわざで有名ですね。

正式名は「文殊師利菩薩」。普賢菩薩を右に、文殊菩薩を左に従えた釈迦牟尼仏が釈迦如来が日本ではよくみられると思います。

左手に経典、右手に剣を持つのはチベットタンカと同じですが、髪の毛を五つに結い、金毛の獅子に乗る姿で描かれることが多いです

 

文殊菩薩(マンジュシュリ―)仏画を描く

点描仏画 文殊菩薩(マンジュシュリー) C3

 

智慧の黄色(イエロー)の象徴的な意味

 

カラーの世界では黄色は「光」の連想物を持ち「明晰性」「知性」「知的好奇心」「探求心」の色であり、ソーラープレクサスチャクラの色です。

仏教の象徴では、黄色は「ブッダの肌の色」であり「仏教の知恵」の色でもあります。

周辺を照らし出し、人々が「よく見通せる」ように助けてくれる「光」は、古くから「明晰性」と「理性」を連想させる色でもありました。
より広くを照らす「光」は「遍く般若の智慧」に。
より深くを照らす「光」は「本質を見抜く洞察力」に。
菩薩のシンボルカラーと、カラーセラピーの色の意味(象徴)の繋がりが面白いのです。

 

 

 

 

-仏画の色と意味性~仏画ギャラリー
-, , ,

Copyright© 点描仏画と仏画 東京・品川ホワイトターラ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.