文殊菩薩(マンジュシュリ)
孔雀明王点描曼荼羅
ホワイトターラ仏画
飛天と鳳凰点描仏画
仏画教室東京
金剛界曼荼羅点描画
previous arrow
next arrow
Slider

仏画の色と意味性~仏画ギャラリー

ホワイトターラ(白多羅菩薩)

更新日:

ホワイトターラは観音菩薩が衆生の苦難を想い流した涙から生まれた菩薩です。 「輪廻の海を渡るのを助ける菩薩」として右目の涙からホワイトターラ、左目の涙からグリーンターラが生まれたと伝えられています。

 

白い身体と7つの目を持つホワイトターラ

白い身体と7つの目を持つホワイトターラは「七眼仏母」の別名を持ちます

 

ホワイトターラ(白多羅菩薩)とは

 

グリーンターラと並びチベットやネパールでは非常に人気がある菩薩ですが、前期密教の日本仏教には登場しません。後期密教(チベット仏教)はヒンドゥーの女神崇拝の影響を受け、女神たちが重要な役割を果たします(タントリズム・ヤブユムなど)。

ホワイトターラは左手に蓮花・右手は与願印を結び蓮華座の上に結跏趺坐。 白く輝く身体、両掌・両足の裏・額・両眼に7つの目を持つのが特徴です。

パワフルに1歩を踏み出すグリーンターラと比べ、白い身体を結跏趺坐で蓮台に置くホワイトターラは「遠くから見守る慈悲・慈愛」の印象がありますね。「仏法への帰依者の守護」「延命長寿」などの功徳を持ちますが、現世利益的な功徳を持つグリーンターラの方が信仰対象としては親しみやすいかもしれません。

>> グリーンターラ(緑多羅菩薩)

両女神と共に、この数年はオラクルカードなどでメジャーになってきました。ホワイトターラは色のイメージからかオラクルカードでは「浄化」「繊細さ」の意味を持つようです。

 

 

ホワイトターラ仏画

当校では彩色・点描・点描曼荼羅でホワイトターラを描いていただけます。

 

ホワイト(白色)の象徴的な意味

色のとしての「クリア」や「白」は「白光色(太陽の光)」の連想物から「すべての色(虹の七色)を持つ」「すべてのチャクラを持つ」「完全性」「神」のシンボルを持ちます。

全てを持つ無限の有。だけどなにもない虚無なのがクリアやホワイト。

ゾクチェンの「虹の身体」には肉体を「光」に変容させる行があります。 7日間かけ小さく縮んだ行者の肉体は満行時、髪と爪だけを残し「消える」のです。

まさに光の行であり、手放しの行。

中沢新一氏の著作でこの行を知った時、「宗教(文化)と光と色」の完全な結合に感動しました。(近年でも満行した僧侶がおいでです)

どの宗教でも「白」は特別な色ですが、チベット仏教は立地・文化的にも、インドのチャクラ思想+中国五行思想の色彩象徴がミックスされているようで、非常に奥深いです。

 

また「無色透明の水」の「クリア」「白」からは「穢れのなさ」「純粋さ」のシンボルを持ちます。

ただし、水は「涙の色」でもあります。

流される純粋な水(涙)は、「苦悩」と「苦悩を流す~浄化・デトックスの必要性」。

慈悲や慈愛、輪廻からの解脱(デトックス)などの意味を持つホワイトターラが「白」であることから、さまざまな象徴が読み取れますね。

>> 「クリアの意味と色彩象徴」東京・品川のカラーセラピーサロン&スクール WHITE-TARA ホワイトターラ

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ホワイトターラ白描画#buddhistpainting #仏画 #ホワイトターラ #白多羅菩薩 #墨

chikako kanayamaさん(@chika.whitetara)がシェアした投稿 -

 

-仏画の色と意味性~仏画ギャラリー
-, , ,

Copyright© 点描仏画と仏画 東京・品川ホワイトターラ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.