「仏画と色とシンボル」 一覧

孔雀明王仏画
仏画の色と形、聖獣(龍・鳳凰)など受け継がれた象徴性・色のあれこれ。

カテゴリ一覧

仏画と色とシンボル

鳳凰を描く

永遠に生きる不滅の鳥(不死鳥)は古今東西各地の伝説・伝承・神話に登場します。 鳳凰、朱雀、フェニックス、ガルーダなど名前は多くありますが、基本的に「火の属性」を持っていること、「火」の破壊と再生の質( ...

チャクラとチベット仏教

仏画と色とシンボル

チャクラとチベット仏教・五智如来

チベット仏教にもチャクラ思想はあります。 チベットは隣国である2つの大国~インドと中国の影響を多大に受けつつ、独自のチベット仏教、チベット医学を発展させてきました。ざっくりいえば、 人体は3つの体液「 ...

飛天・天女の絵

仏画と色とシンボル

飛天を描く

飛天といえば敦煌。敦煌といえば飛天。 敦煌莫高窟では主尊の荘厳を際立て壁から天井まで縦横無尽に飛び交う飛天が印象深く、以来わたしは飛天好き(笑) 飛天のルーツは、インドではインドラに仕えるガンダルヴァ ...

ゴールドドラゴン・オレンジドラゴン

仏画と色とシンボル

龍を描く

龍やドラゴンは古今東西各地の伝説・伝承・神話に登場します。 東洋の龍は吉祥や智慧、西洋のドラゴンは悪(時にユーモラスな、時に悪魔のような)で描かれることが多いですが、龍の善悪の区別はかなり曖昧です。 ...

色と形と仏教

仏画と色とシンボル

仏教五大と色と形(方位)

真言密教・両界曼荼羅に欠かせない五智如来の色は、五大五色(五正色)が基本になっています。 仏教五大と色 色と形の象徴 密教五色 五智如来の色と方位   五大と色 仏教五大は 地大「黄色」 水 ...

Copyright© 点描仏画と仏画と色 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.