彩色仏画

仏画各種

ホワイトターラ(白多羅菩薩)/点描仏画C2

ホワイトターラ(白多羅菩薩)はチベット仏教圏でとても人気が高い女神です。観音菩薩が衆生の苦悩を思い流した涙、その右目からホワイトターラ、左目からグリーンターラが誕生しました。ターラ(多羅)は「輪廻の海を渡るのを助ける女性」という意味。(サンスクリット語だと「星」「女性的な知恵」の意味も持ちます) チベット仏教文化圏ではホワイトターラを見ない日はないほどポピュラーな女神で、わたしはダラムサラ(チベット亡命政府)のナムギュル寺で出会ったホワイトターラに一目ぼれし、気づけば屋号になっております(^^;
ワークショップ案内

仏画を描く~ワークショップ

気軽に仏画と親しんで頂く「仏画ワークショップ」です。画材などはすべて当校がご用意しますので、手ぶらでお気軽にお越しください。 参加費&時間など 初参加~3回目までの方 3回目以降の方は「お好みの下絵」を選べます ...
タイトルとURLをコピーしました