グリーンターラ仏画

仏画

グリーンターラ(緑多羅菩薩)/点描仏画C4

更新日:

チャプター4のグリーンターラ(緑多羅菩薩)はC2 ホワイトターラと並び、チベット仏教で人気が高い女神です。

観音菩薩が衆生の苦悩を思い流した涙、その右目からホワイトターラ、左目からグリーンターラが誕生しました。

ターラ(多羅)は「輪廻の海を渡るのを助ける女性」という意味。(サンスクリット語だと「星」「女性的な知恵」の意味も持ちます)

グリーンターラ仏画

グリーンターラの造形

左手には蓮華、右手に与願印を結び、青蓮華の上に半跏趺坐(遊戯座)で坐し、緑色の身体を持っています。

対のホワイトターラが結跏趺坐で両足を上げているのに比べ、半跏趺坐のグリーンターラはすぐさま人々の元へ駆けつける「行動を起こす」女神です。

本来は八難救済の女神ですが、災害や病、貧困など衆生の救済の為ならオールマイティに活躍しています。(=広く信仰を集めている)

 

グリーンターラの緑色

ホワイト(白)は虹の7色全てを均等に持つ、光そのものの色。一神教の光は「神そのもの」「人から遠い」「創造主」のシンボルですが、緑色は逆に、

常に人と共に地上にあり、人と同じく太陽の光や天からの雨の恩恵を受け成長・変化する植物の色です。

ホワイトターラとグリーンターラを対比する時いつも、「太陽の強烈な白色光」と「地上に繁殖する植物の緑」の対比と似てるな~と思います。

チベットの人々があらゆることの加護と功徳をグリーンターラに祈るのも、緑色の「親しみやすさ」「親近感」が一役買ってる気がしてなりません。

グリーンターラはよく盛大な蓮華とともに描かれます。

蓮の茎や葉の曲線的な緑は「生命力」「柔和な力強さ」をイメージさせます。厳しさではなく受容性を、遠さではなく親近感を。白色と緑色から受けるイメージが両女神の造形にもリンクしているのです。

 

 

C4 グリーンターラ(緑多羅菩薩)

C4 グリーンターラ(緑多羅菩薩)点描仏画

グリーンターラ仏画

当校ではグリーンターラ「彩色仏画」「点描仏画」を描いていただくことができます。

※点描仏画はご参加の皆さま必須のC1&C2 、

  • チャプター1「基礎講座」
  • チャプター2「ホワイトターラ」

を終えてから、グリーンターラに進んでいただけます。

点描仏画ワークショップ

グリーンターラ曼荼羅

点描仏画常連の皆さまは「C2 ホワイトターラ」を応用し曼荼羅風に描いていただくことも可能です。

点描曼荼羅ホワイトターラ

ホワイトターラ点描曼荼羅

 

ホワイトターラを主尊に、ミニ五智仏(大日如来・白色/阿しゅく如来・青色/不空成就如来・緑色/阿弥陀如来・赤色/宝生如来・黄色)を上部に配置しています。

>>仏教五大と色

-仏画
-, , , ,

Copyright© 点描仏画と仏画と色 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.