「 彩色仏画 」 一覧

瑠璃光菩薩

仏画

薬師如来(バイシャジャグル)/点描仏画C10

チベットでも日本でも人気の薬師如来。チベット語ではサンギェ・メンラ。サンスクリットではバイシャジャグル。(バイシャジャは「医療」、グルは「指導者」) 衆生の病を治すという質からか、古くからインド・チベ ...

大日如来仏画

仏画

大日如来(マハ―ヴァイローチャナ)/点描仏画C9

ヴァイローチャナ、またはマハ―ビルシャナ。ビルシャナ(毘盧遮那)は「遍く照らす」意味を持ち、マハ―(偉大な)ビルシャナである大日如来は「宇宙の隅々まで遍く照らす智慧」の如来です。 大日如来は仏教の永遠 ...

孔雀明王仏画

仏画

孔雀明王(マハ―マユ―リ)/点描仏画C8

マハーマユーリまたはマニーラ。 あらゆる諸毒や災難を取り除くとされる明王。 毒虫はよく悪や厄災のシンボルにされます。(蛇は東西問わず智慧のシンボルであり、良くも悪くも様々な宗教・伝説に登場しますね) ...

サラスヴァティ

仏画

弁財天(サラスヴァティ―)/点描仏画C7

美と智慧と音楽の女神。 ヒンドゥ教では河川の女神サラスヴァティ―。ブラフマンの妃です。リグ・ヴェーダに「世界の富を知る」福や富の女神という記述があり、古くから招福・財運の女神の質を持っています。 「サ ...

龍頭観音

仏画

龍頭観音/点描仏画C6

なぜか人気の龍頭観音。 最初に描いた下絵が立位だったので点描画の紙(150×2)に入らず;、現在バージョン1(150×2)とバージョン2(250×2)の2パターンあります。 衆生を救済する慈悲の菩薩・ ...

観音菩薩仏画

仏画

観音菩薩(クァンイン)/点描仏画C5

いわずもがなメジャーな観音菩薩(観自在菩薩)。 チベット語だとチェンレースィ、中国語だとクァンイン。オーラソーマでもラオツー&クァインイン(老子と観音)ボトルがあったり、オラクルカードでもクァンインだ ...

色と形と仏教

仏画と色とシンボル

仏教五大と色と意味

真言密教・両界曼荼羅に欠かせない五智如来の色は、五大五色(五正色)が基本になっています。 元素と色 仏教五大は 地大「黄色」 水大「白色」 火大「赤色」 風大「黒色」 空大「青色」 この五色で構成され ...

マンジュシュリ(文殊菩薩)

仏画

文殊菩薩(マンジュシュリ)/点描仏画C3

観音菩薩が慈悲の菩薩であるなら、文殊菩薩は智慧の菩薩。 チベット語だとジァムヤン、サンスクリット語だとマンジュシュリ。日本の正式名は「文殊師利菩薩」。 対になる虚空蔵菩薩が学問・記憶の菩薩だとすれば、 ...

グリーンターラ仏画

仏画

グリーンターラ(緑多羅菩薩)/点描仏画C4

チャプター4のグリーンターラ(緑多羅菩薩)はC2 ホワイトターラと並び、チベット仏教で人気が高い女神です。 観音菩薩が衆生の苦悩を思い流した涙、その右目からホワイトターラ、左目からグリーンターラが誕生 ...

ホワイトターラ彩色仏画

仏画

ホワイトターラ(白多羅菩薩)/点描仏画C2

ホワイトターラ(白多羅菩薩)はチベット仏教でとても人気が高い女神です。 観音菩薩が衆生の苦悩を思い流した涙、その右目からホワイトターラ、左目からグリーンターラが誕生しました。 ターラ(多羅)は「輪廻の ...

Copyright© 点描仏画と仏画と色 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.